思考からアプローチ

人生の答えは潜在意識にあり!

意識を大きく分ければ顕在意識と潜在意識の二つにわかれます。普段意識している意識は顕在意識です。眼で見て、耳で聞いて、鼻で匂いを嗅ぎ分け、口で味わう、肌で感触を感じ取るいわゆる私たちが通常兼ね備えている五感を用いて認識する意識を顕在意識と呼びます。

※集合意識もありますがまずは自分という一人の人間の意識としてです。

そしてその五感から得る情報によって言葉や行動という行為に入っていき、その結果を認識し、記憶し次への認識した情報と組み合わせて進化した言葉と行動へとサイクルしているのです。

年齢を重ねれば当然経験も蓄積されていきますので、このサイクルの数も累計が増しそれと同時に記憶の蓄積という貯蓄も増えていきます。

この貯蓄された記憶は顕在意識から潜在意識という貯蔵庫へ納められて行くのです。

新たな未経験な物事と出会ったときは顕在意識がまずは五感で情報を取得します。そしてその新たな物事と近しい過去の経験が蓄積されている潜在意識貯蔵庫から過去の情報を引っ張り出して顕在意識と潜在意識が議論しあい、言動・行動という次なる域への判断と決断を下し、またその結果を潜在意識貯蔵庫へと貯蓄されていくのです。

このサイクルを仏教では五蘊と呼びます。「色・受・想・行・識」メジャーなお経である般若心経に出てきます。

色とは存在を意味します。  受は五感を意味します。 想とは想いであり感情を意味します。 行とは言動・行動を意味します。 識とは認識を記憶する意味です。

よって顕在意識は情報取得をする機能であり、潜在意識は経験(体感)したことを貯蓄する機能と考えてみてください。

幼少期に親から厳しく躾を受けた経験は潜在意識に貯蓄され大人になっても、その潜在意識に貯蔵された意識を基準に生きていきます。それが良いことであれ、悪いことであれ、幼少期に潜在意識に貯蓄された情報は根強くその後の人生道を決める大きな要因になることは間違いありません。

幼いころに父親が厳しく躾をした子供は子供ながらにその父親からの教育を顕在意識で認識し、潜在意識に書き込んでいきます。この書き込みの際にどのように書き込んだかで人生が変わっていきます。

例えばAちゃんは「年配・男性・厳しい・怒る・叱る・怖い・私を嫌っている・距離を持ちたい・・・」などと潜在意識に書き込めば、大人になってからも年上の男性は怖いから距離を置きたいという行動パターンになるかも・・・?

例えばBちゃんは「年上・異性・素晴らしい・私の為に・私を愛してくれる・近づきたい・・・・」などと潜在意識に書き込めば、大人になってからも年上の男性は優しく・私を助けてくれるという行動パターンになるかも・・・・?

そして、AちゃんもBちゃんも大人になってからいろんな年上男性と出会うことで幼少期の潜在意識に書き込まれた内容が変化したり、根強くしたりしていきます。

父親だけではなく、特に母親からの影響は多大だと思います。また、周りを取り囲む友達や親せき・先生・近所の人たち・などから様々影響を顕在意識が認識し、潜在意識への書き込み作業が頻繁に行われるのが幼少期です。10歳くらいまでの書き込み作業はめちゃくちゃ多いでしょう。

小さな子供には大人が書き込んだ自分の潜在意識情報を植え付けるのではなく、その子供が何をどのように潜在意識に書き込むかを暖かく見守ることが大人の役目であり、子供の可能性を引き延ばす方法だと思います。

この書き込み作業が多い時期とある程度、蓄積されて書き込み作業が上書きという簡単な作業時期に来ると1年を感じる速さの体感が変わってきます。1年が早く過ぎるようになったな~って感じる方は要注意です。書き込み作業が終了しているかも??? まあ、過去に書き込まれた概念や思い込みだけで物事の判断をしているかも???

言えることは顕在意識でどんな情報を得ようとも人生の道を創っていく上での判断基準は潜在意識に書き込まれた記憶が基準になっていることは間違いありません。

仕事に対しても家族関係に対しても他の人間関係対にしても、物事への取り組む姿勢に対しても根本は潜在意識に書き込まれた情報を根本に判断しているということです。

ですから、自分の中にはどんな潜在意識が書き込まれ、貯蓄されているかを知ることが自分の人生の道創りを左右しているわけです。

そして顕在意識と潜在意識は4対96の法則があります。顕在意識のウエートが4%に対して潜在意識のウエートは96%です。

また、エネルギーパワーでは顕在意識が1とするならば潜在意識は6万倍の60,000という1対60,000というエネルギーパワーの差があります。このようにウエートやエネルギーパワーを数字で見る限り、理想の現実創造のカギは間違いなく潜在意識が握っています。

ただ、潜在意識とは無意識でもありますから、通常では意識的にとらえることは難しいと思えますが、考え方をシンプルにすれば簡単です。

潜在意識に書き込まれた記憶という貯蓄は外側である、他人・出来事などをいったん顕在意識が認識をしている、最低1回は顕在意識を通過しているはずです。ですから、まったく考え方を真逆に考えれば潜在意識を顕在意識へ逆流させれば、潜在意識に書き込まれた情報が顕在化され意識できるレベルにもって来れるってことです。

この作業を行えば、偶然が全て必然で起きていることに気づくでしょう。そして偶然とか何故かわからないがわかれば、自分の理想の現実創造も必然で可能だとわかります。

ただし、顕在意識で認識されたことが潜在意識へと流れ込む数は1日に約60,000という説もあります。1日6万回の物事を顕在意識が認識しそのすべてが潜在意識へ書き込まれていくってことは60,000×365日×年齢=潜在意識の貯蓄高です。が同じような物事は上書き上書きされているので数は実際の貯蓄高は案外少ないものでしょうが・・・・。

そして、ある程度潜在意識の貯蓄が蓄積されれば、外側で起こっている物事が違っても、潜在意識へ流れるときは過去に書き込まれた潜在意識の一つに同期されて新たな潜在意識が貯蓄されないでしょう。この時点で人生のキャパが決まってきますね。年齢的には当然個人差がありますが、男性なら40歳くらい 女性なら35歳くらいですかね~

しかし、この年齢も関係ないです。いくつになっても人生を理想の現実創造へと歩むことが出来ます。

簡単なことです。

潜在意識に何があるのか?必要なもの?不必要なもの?を分別して必要なものは大切にし、不必要なものは捨てるだけです。あまりにも不必要なものを潜在意識に貯蓄しているから重いのです。重いからエネルギーがダウンするのです。エネルギーが低次へ向かうのです。不必要なものを捨てれば軽くなります。エネルギーが軽くなり高次へ向かいます。

低次のエネルギーは自然界の法則である共鳴現象が起きます。

高次のエネルギーは自然化の法則である共鳴現象が起きます。

理想の現実創造へはそんなに難しいことではありません。潜在意識に有るものを断捨離するだけです。

cocomichiメソッドは誰でも理想の現実創造ができるメソッドです。理由は自然界の法則を活用しているからです。人によって違うってことはありません。重力によって物が落ちるように引力によって引き付けられるように自然に宇宙の法則に従っているので万人共通のメソッドです。

ピックアップ記事

  1. ハートのシャボン玉と出会う!

関連記事

  1. 思考からアプローチ

    偶然じゃなく、奇跡じゃなく法則です!

    日々、出会う人や出来事そして置かれている環境全てにおいて何一つ偶然とい…

  2. 思考からアプローチ

    インサイドアウトで生きよう!

    自分というものには自分という内面である心がある。そしてその心は様々な感…

  3. 思考からアプローチ

    自分を変えるのではなく、本来の自分に帰る!

    他人と過去は変えられない。だから自分と未来を変えるという意識改革が流行…

  4. 思考からアプローチ

    どんな意味をつけていますか?

    人は自分自身や他人、出来事に対していろんな意味をつけて人生の道を歩いて…

  5. 思考からアプローチ

    なんでこ~なるの?

    「こんなはずじゃなかった⤵」「なんでこんなことに&#x2…

  6. 思考からアプローチ

    楽しいな~って?

    楽しいって感じる瞬間はどんな時でしょうか?楽しい・嬉しい・気も…

あなたへのおすすめメソッド

最近追加されたメソッド

  1. 宝もの探し!
  2. 自分らしさって!
  3. 理想の現実はシンプルにオーダーするだけ!
  4. ハートのシャボン玉と出会う!
  5. ポジティブ?ネガティブ?
  1. 思考からアプローチ

    人との出会い・出来事との出会いはエネルギー共鳴です!
  2. 思考からアプローチ

    ネガティブOK!
  3. 思考からアプローチ

    人生の方程式!
  4. 思考からアプローチ

    インサイドアウトで生きよう!
  5. 思考からアプローチ

    自分を変えるのではなく、本来の自分に帰る!
PAGE TOP